2018年本屋大賞が決定しました。

2018年本屋大賞が決定しました。

 

<2018年本屋大賞>

『かがみの孤城』 辻村 深月/著 ポプラ社

 

<翻訳小説部門>

『カラヴァル 深紅色の少女』 ステファニー・ガーバー/著 西本 かおる/訳 キノブックス

 

<発掘部門>

『異人たちの館』 折原 一/著 文藝春秋

(※その他、新潮社版、講談社版も所蔵しています。)

 

 ※タイトルをクリックすると本の詳細ページへ変わります。